2018.8.16

2018わんぱくキャンプ感想

  • 28
  • コメントする
  • イベント報告
  1. 39243108_243896136452825_2561403918491844608_n
  2. 今年もおかげさまで無事に1週間終わりました。
  3. 参加してくれたゲストの皆さん、1週間支えてくれた保護者の方々、スタッフの皆さん。
  4. 本当にありがとうございます。
  5. さて、スタッフ一同、お子さんがおうちに帰ってどんな話をするのか、また、保護者の皆さんが1週間どんな気持ちだったのかなど是非聞かせて欲しいと思っています。
  6. 逆に、保護者の皆さんは、キャンプ中のお子さんの様子をもっと知りたいのではないか、と思います。
  7. この感想コーナーで、皆さんの感想や意見、キャンプ中の想い出、お互いへのメッセージなど自由な書き込みしましょう!
  8. また来年も元気な皆さんに会えることを楽しみにしています。

コメント

  • たく さん

    マネージメントディレクターのたくです。
    朝のキャンプサイトを見渡していたのが懐かしく、現在洗濯物と戦っています(3回目)。

    天候に悩まされた1週間でしたが、奇跡と素晴らしい仲間に支えられ、掛け替えのない一大イベントとして終われたことに感謝しています。本当にありがとうございました。

    キャンプ中は進行管理と準備に徹していた分、いま振り返ると更に出来た部分や改善点が次々と湧き出てきます。それらは来年の課題とし、今年もあ(愛情)ほ(奉仕)に(忍耐)な(仲間)れ(礼節)を楽しませていただいた1週間でもありました。

    共に過ごした仲間、参加者、関係者の皆様に感謝しています。
    一週間ありがとうございました。

    • ジェームス さん

      たく
      今年もありがとう。
      たくの動きを見ていて思うのは
      キャンプに必要なことは、キャンプスキルではなく
      問題となっている点を的確に把握し、今持てる材で
      適切な対処をする工夫なんだと感じます。
      もちろん、キャンプスキルもあるけれど…
      これって、仕事にも言えることかも…
      来年もよろしくお願いします!

    • くわちゃん さん

      たくさん
      去年に引き続き今年も大変お世話になりました。
      登山中も夜の毎晩のミーティングの際にも沢山の事を勉強させていただきました。
      みんなが集まるスペースにブルーシートを使った屋根を設営してくれたり、猛暑対策にあった上から霧吹きが出る装置を設置したり、そして自前のレクサスで運搬をしていただいたりなどなど、たくさん率いるマネジメントチームがいなかったらこども達(自分らスタッフも笑)も活発的に行動できていなかったと思います。

      本当に一週間ありがとうございました。

  • まーもーまま さん

    1週間本当にありがとうこざいました、
    2人分の洗濯物も残すところあと寝袋とレインコート上下のみとなりました笑
    靴下を洗うと2人の環境が大変だったんだな〜としんみりしました
    お姉ちゃんは登山のカミナリが本当に怖かった‼︎と言ったました
    今までのカミナリの中で一番音の大きさだったと言っていました
    今朝もーちゃんが朝起きて
    おはようございますっ!と挨拶が普通に出来てビックリ‼️明日からは学童へ行くのですが夕食の前にキッチリ持ち物準備完成‼︎お姉ちゃんは比較的準備は得意でしたがもーちゃんはあんまりというかほとんどしなかったのに!
    そして夕食前にお風呂に入ってね〜と何回も言ってひどいとお風呂まで引っ張っていってやっと入っていたもーちゃんが!2、3回言われたら、入るねとサックリ入浴!
    ありがとうこざいます、ママと言えるようになり、
    2人ともお姉さんになったね〜とベタ褒めしました
    行動や言動が変わりました!
    今日は丁度教会学校の夏季レクの日だったのですが
    自分より小さい子の面倒をみたり
    トラブルがあってもすぐに謝れるようになっていたもーちゃん
    お姉ちゃんは前より素直に自分の感情を表現したり自己開示がより良く出来るようになっていました、リーダーシップも怖気づかずに出していまして本来のお姉ちゃんらしく行動していたような!
    1週間で本当に成長したのを感じました、ありがとうこざいます
    話はほとんどキャンプのことばかりです!
    シゲが、タクが、ねこちゃんが、とずーっと話しています!
    DVDが届くのを楽しみにしております
    重ねて本当にありがとうございました!

    • admin さん

      1週間ありがとうございました
      朝から暑くて、長袖とフリースが必要な長者の森の朝晩が恋しいです。
      おかげで洗濯物4回転は、即乾きましたが…

      まーさん、もーちゃんのキャンプ後の状況教えていただきありがとうございます。

      キャンプ中は、2人の昨年以上にキュートな笑顔に癒されました。
      また、2人とも去年よりお姉さんになっているなぁと感じる場面がたくさんありました。

      下の子の面倒を本当によく見てくれたまーさん。
      キャンプ場はもちろん、自分がしんどい登山中も、下の子の面倒をよく見てくれました。いつもニコニコ、ネガティブな雰囲気を吹き飛ばしてくれたのもまーさんでした。

      もーちゃんは、今年は泣かずぐずらず、頑張って登山をやり遂げました。
      登りがキツイ時、雨で濡れた時、去年なら泣いていた場面でも、本当によく頑張っていました。
      キャンプ中何度も「2年生は1年生じゃないから泣いたら恥ずかしいの」とお話ししてくれました。
      その言葉は自分自身に言い聞かせていたおまじないだったと思います。

      去年何度もしていた姉妹喧嘩も、今年は一度もなく、
      もーちゃんが他の子と喧嘩した時には、まーさんが仲裁したり、当事者2人に言い聞かせたりしている場面もありました。

      来年、またお姉ちゃんになった2人に会えることを楽しみにしています。
      1週間見守ってくださり、本当にありがとうございました。
      ジャンボ

    • くわちゃん さん

      1週間お子様を預けていただきありがとうございました。
      こども達と一緒に行動をしていたスタッフのくわちゃんです。
      1週間を通して、まーさんはりゅっちに靴紐の結び方を教えていたり、日記の書き方を教えていたり、ご飯食べる時も常に隣にいてももちゃんのお姉さんというよりはりゅっちのおねえさんという感じでした。笑
      登山チームの時も自分からリーダーやりたいと手を挙げていて(楽だからしたかったらしいですが笑)、登山中弱音を吐かずりゅっちの手を握って励ましているのを見て、しっかりとリーダーとして動いてくれているなっと思いました。
      ももちゃんに関しては、
      今年はおねえちゃんがりゅっちの面倒をみてくれていたからか、一人で積極的にかのんちゃんや他の子と一緒に行動しているなと感じました。
      さらに、火起こしも空気を入れて炎をたくだけではなく、周りの様子を見て枝集めも沢山してくれたりグループの為に動けていました。

      しっかり者のまーさんと、いつも笑顔なももちゃんと一週間キャンプできて嬉しく思います。
      ありがとうございました。

    • ねこちゃん さん

      まーさんとももちゃんにはいつも励まされたり元気をもらったりで癒された思い出ばかりです。

      キッチンスタッフのねこちゃんです。

      キャンプ中はキッチンで大鍋でお料理を作っていました。食事の時間になるとみんなのところに行ってお話して過ごしました。登山のときには、キッチンをでて一泊二日子どもたちと一緒に過ごさせていただきとても楽しかったです。
      中1の娘のこぉこが「ねこちゃんってバカみたい、やだな〜」ってボヤいているのをまーさんが聞いてて、こぉこがこんなこと言ってたよ〜〜って教えてくれました。私のことを傷ついてないかと思って心配してくれたのですね。
      (後で聞いたらこぉこは、私が自己紹介の時ねこのポーズをしたのが恥ずかしかったのだそうです)
      まーさんには「こぉこは今、反抗期なの。だからちょっと言うことがキツイし棘あるのよね」と伝えるました。
      すると「ふうーんそうなんだ」と。

      それから何回か、こぉこの反発する姿とそれに揺さぶられる母親を目にしたまーさんは私のことを励ましてくれましたよ。

      ももちゃんとは登山チームで一緒でした。鉄塔の下で最初の休憩に入った時、「歯がグラグラしてるの」と不自然に反り返った前歯をニッと見せてくれました。
      その後おやつの飴玉を、口に入れモゴモゴしてるとポロリッ「あ、取れた」と言って手のひらに置いた歯をみせてくれました。
      すると血がジワジワと滲んできて口の中に溜まり、でも飴玉は片頬に入れたまま「はひへひぃぃ?」(出していい?)と。何のことかなと見ているとペッペッペッと山道の脇に血の混じった唾液を吐きだしていました。
      とてもたくましくワイルドな姿でした。やがて自然に血は止まり、晴れやかに登山を再開しました。一歩大人に近づいたももちゃんでした。

  • ミッチーママ さん

    ヒロッチことみつひろは、帰りのタクシーから違いました。元気に挨拶していました。帰ってからは、禁断症状でゲームに夢中で、私のカミナリを浴びていますが、キャンプでは、山のカミナリが怖かったと言ってました。それから、お風呂で、みんなと話をしたり、夜のテントの雑談が何より愉しかったようです。お友達と夜寝ながら、お話でき、自然の中でご飯も食べて、みつひろは、飯ごうのご飯最高!と言ってましたが、貴重な体験でき、本当にありがとうございました!ジェームスさん、ジャンボさん、スタッフの皆様、本当にお世話になりました。また、報告しまーす。

    • ジェームス さん

      初のわんぱくキャンプ楽しんでいただけたようでよかったです。
      キャンプ中は、いろんなことに積極的にチャレンジしてくれていました。
      山のカミナリは、本当に怖く私たちも判断を迫られたところでした。
      頂上の小屋まで1時間、引き返しても3時間、カミナリは遠ざかっているし
      下の方で鳴っている…下山するのもかえって危険…よし行こう!こんな感じでした。
      ひろっちの言葉で来年への宿題になったのは、最終日の夜に、軍手をしながら
      「今日も飯盒炊飯頑張る」と言ってくれたのに、キッチン提供で機会がなかったことです。
      是非、来年もわんぱくな一週間を過ごしに来てください!
      また、会えること楽しみにしてます。

  • デール さん

    こんにちは、Jr.スタッフとして参加させて頂いたデールです
    今年は去年に比べて先輩スタッフの数が少なくて、去年とはまた違った大変さでした
    自分がゲストの皆さんにこうして欲しいな、今あそこへ動いてほしいな、って考えて発した言葉は半分くらいしか伝わらなくて。
    ジェームスが最後の夜のスタッフミーティングの中で良い話の聞き方を教えてくれました。目を見る、頷きながら聞いてもいい。逆に自分が話している時、伝わってないんじゃないか心細くなる時が本当にそれなんです。もちろん聞いている人は視線をどこにやっても聞けるけれど、今回、あらためて伝えることの大変さと大切さを感じました
    それから、今回かなり時間にルーズになってしまったというか。。。集合時間がわかって、今の時間がわかって、自分の準備にかかる時間がわかって、担当のテントの子の準備にかかる時間がわかっていてそれを逆算………みたいな。実際それで迷惑をかけてしまった部分もあったので…
    今回のキャンプでは去年より夜のスタッフミーティングの自分の意見を活用できました。前はミーティングだけ述べていざ次の日普通に頭から消えていることが多々あったので…汗
    だから自分の中で昨日のGood(良かったこと)&More(もっとできたこと)をうまく咀嚼しながらできました
    長文失礼しました、来年は受験生になってしまいますが是非参加したいです笑
    最後にゲストの皆さん、先輩スタッフ方々、今年もわんぱくに送り出してくださった保護者の皆様に最大限の感謝を!
    1週間ほんとうに楽しかったです!お疲れ様、ありがとう!

    • ジェームス さん

      デール
      今年も一週間お疲れ様でした。
      小学校1年生から参加して、今年で8年目の皆勤賞!
      スタッフ二年目と思えないほど頼りになりました。
      人を動かすって本当にむつかしいよね。
      僕らは、ボスではなくリーダーでいたいと思ってます。
      これからもあこがれのリーダーになってくださいね。

      (参考)
      @ボスとリーダーの違い@
      ボスは部下を追い立てる。 リーダーは人を導く。
      ボスは権威に頼る。 リーダーは志、善意に頼る。
      ボスは恐怖を吹き込む。 リーダーは熱意を吹き込む。
      ボスは私という。 リーダーはわれわれという。
      ボスは時間通りに来いと言う。 リーダーは時間前にやってくる。
      ボスは失敗の責任を追わせる。 リーダーは黙って失敗を処理する。
      ボスはやり方を胸に秘める。 リーダーはやり方を具体的に教える。
      ボスは仕事を苦役に変える。 リーダーは仕事をゲームに変える。
      ボスはやれと言う。 リーダーはやろうと言う。

  • CS さん

    JrスタッフのCSです。今回は初めてのわんぱくでした。ファミキャンよりも期間が長く、責任も重いキャンプでした。仲間同士の仲違いや気候変動に寄るトラブルチックなこともありましたが、乗り越えるために皆で切磋琢磨し、奥深い絆と空高い経験を得ることが出来ました。本当に勉強になる一週間でした。楽しかったです。ありがとうございました。次回もまた何卒宜しく御願い致します。

    • ジェームス さん

      CS
      初のわんぱくスタッフ、お疲れ様でした。
      子どもたちから大人気のスタッフでしたね。
      その秘訣なんだろう?って考えてました。
      いつも穏やかで、冷静で、目の前のことをみているけれど
      俯瞰してみる視点もあって…
      これから、もっと経験を積んで、さらに憧れのリーダーになってくれること
      期待してます。

  • しょうちゃんママ さん

    解散報告会では、声が枯れていてw、1年生ながら良く頑張ったんだなーと思いました。本人が疲れているのに、ママや弟へのお土産を楽しそうに嬉しそうに渡してくれて、、嬉しかったです。帰宅してから、庭に咲いている朝顔を、あの紫色と水色のお花が綺麗だから写真撮って。、、、キャンプ参加前にも咲いていたのに気にも留めていなかったものに気がいくようになり、帰宅後初日は朝からお庭の掃き掃除、植物への水やり、などなどたくさんお手伝いしてくれました!弟への接し方も気遣い出来ていて。
    スタッフの皆さん、ジュニアスタッフの皆さん、ゲストのお友達、たくさんの温かい人から沢山の事を吸収して、学んで帰って来ました。とんがったところのある息子なので、チームの雰囲気を乱したところもあると思いますが、すみません汗、でも大きな一歩として、ジュニアスタッフの皆さんのように素敵なお兄ちゃんなって欲しいな。見守っていただき、本当にありがとうございました‼︎ お土産のクワガタはホテルで逃亡涙、代わりにバックパックに、カナブンとヤモリが入ってましたw

    • ジェームス さん

      1週間ありがとうございました。
      本当に心配の1週間だったと思います。
      しょうちゃんは、本当にしっかりしていて
      弱音を吐くどころか、何事にも率先してかかんにチャレンジ。
      リーダーの素質十分なので、さらに期待してます!

  • ゆゆ さん

    Jrスタッフとして参加させていただいたゆゆです
    今年は大人のスタッフさんが少なくて去年より、自分から動きに行かないといけないなと思うことが多く、御座山に登る前にも、子どもたちに「もう登りたくない」など言われたらどう励ましたらいいのかなどを考えていたのですが、実際登ってみるとゲストの方が私よりも元気で、楽しんで登っていて、それをみて私も頑張らなきゃと元気がでました。御座山以外でもゲストからたくさんの元気をもらう1週間でした。
    2回目のJrスタッフですがまだまだ動けていないところが多いので来年は今年の反省を生かして頑張りたいと思っています。
    話しかけてくれたり、隣にきてって言ってくれてありがとう!!嬉しかったです!!
    来年もよろしくお願いします

    • ジェームス さん

      一週間お疲れ様でした。
      御座山登山「もう登りたくない」という子がいたらどう励ましたらいいか…
      考えていたんだね。私も、毎年同じように考えてます。
      でも、今年は、「もう登りたくない」より、むしろ、どんどん登ってついて行くのがやっと…
      キャンプって想定していることや、準備していたこととは違うことが起こることがたくさんあって、その都度、最善の対応をしていきます。
      でもね、それができるのは。いろんな場面で対処方法をイメージしているからできることなんです。
      これからも、何のためにするのか?何をするのがベストか?をゲストファーストの視点でイメージできるリーダーになって欲しい。
      更なる進化を期待してます!

    • くわちゃん さん

      おつかれさま!
      今年はゲストリレーションの大学生以上が自分とこうししか居なかった為、
      中学生・高校生にグループのまとめ役を全任しましたが、無事全うしてくれてありがとう!
      夜のミーティングで、しっかり自分のやるべき事を考え、発表して翌日実行する姿とても誇らしく思いました。
      過去ゲストとして参加していた分、こども達の気持ちを一番理解できるのはゆゆはじめやはりジュニアスタッフだったと思うので、こども達が「今何に悩んでいるか」とか「こういう時スタッフからどう声かけてほしいのか」などを感じられた分、動いてくれているなと1週間見てました!
      ぶりっこポーズといい、ゆゆ発信でみんなが笑顔になっていったのがすごくよかった。

      一週間ありがとう!

  • くわちゃん さん

    1週間お子様を預けていただきありがとうございました。
    ゲストリレーションチームのくわちゃんです。
    キャンプ中のお子さんの様子等は別途ご返信致しますので、
    個人的な感想を記させていただきます。笑

    今年は4年目3回目の、社会人としての初参加でございまして、
    仕事終わりに大阪から東京に移動・前泊し、キャンプ報告会を終えてすぐ新幹線で大阪に戻り、翌日には仕事に復帰するというアクティブな夏休みでございました。
    仕事復帰後は、キャンプ気分で仕事に手付けられないかなっと思っておりましたが、
    キャンプ中子供たちのスケジュール(お風呂の入浴時間、料理を作る為の火起こしの時間等)を逐一考えていたせいか、休暇前よりも効率的に仕事ができており、大変リフレッシュできたことをひしひしと感じております。笑
    キャンプ中につきましては、
    新宿駅集合の時には不安がっていたこども達も、班行動が多かった為かテントで一緒に寝ている為か、2日目にはイキイキと「くわちゃん、くわちゃん」と声をかけてくれたことや、川遊びで1分も足を入れてられないほど極寒な水でもこども達がわいわいしている事にビックリした事等、沢山の思い出がありました。
    (一番心にグサっときたのは、「おにいさん」ではなく「おじさん」と言われた事です笑)

    まだまだ気付かされる事だらけの素敵な一週間でございました。
    スタッフ、ゲスト、親御様、皆様、誠にありがとうございました。
    ぜひ来年もよろしくお願いいたします。

    • ジェームス さん

      くわちゃん、一週間お疲れ様でした。
      社会人の貴重な夏休みをわんぱくキャンプに使ってくれてありがとう。
      たかが一年、されど一年。
      社会に出るとこんなにも意思疎通ができて、頼りになるんだと感じました。
      スタッフミーティング後のジュニアスタッフミーティングも良かったしね。
      子どもと関わるジュニアスタッフ、ジュニアスタッフと関わり全体の把握もする社会人スタッフ…
      おかげさまで、そんな未来構想をイメージすることができました。
      くわちゃんの言葉を借りれば、来年もやっぱり恋しくなるよ。きっと…
      さらに、進化したくわちゃんに会えること楽しみにしてます。

  • あまね さん

    今年もJrスタッフとして参加させて頂いたあまねです。
    キャンプが終わってからもう1週間も経ってしまい、長野で過ごした時間が少し恋しいです。笑
    今年は7回目の参加ですが、スタッフとしての参加は4回目で、まだまだ未熟だなと痛感しつつ、自分なりに一生懸命過ごせた1週間だったかなと感じております。
    今回は、大人のゲストリレーションのスタッフさんが少ないということで、例年のキャンプよりもJrスタッフがゲストの皆様と関わっている時間が長かったので、皆をちゃんとサポートできるのか不安で不安で仕方なかったのですが、同じJrスタッフの仲間や大人のスタッフさんのお陰で、何とか自分なりに出来たかなと思います。そして、1週間、スタッフとしてゲストに楽しんでいただけることを1つの目標にしていましたが、ゲストの皆さんの笑顔や沢山遊んでくれたり話しかけてくれたりで逆に楽しませて頂いたと感じでおります。本当にありがとうございました。
    私の中では去年の反省が今年に生かせたので、今年の反省をまた来年に繋げられたらと思います。
    最後に、沢山仲良くしてくれたゲストの皆様、プログラムのサポートやキャンプ場の整備をして下さったマネージメントスタッフの皆様、美味しいご飯を毎日作って下さったキッチンスタッフの皆様、私達Jrスタッフをずっとサポートしてくれたゲストリレーションスタッフの皆様、色んな時に助けてくれたJrスタッフの仲間。1週間、本当にありがとうございました!

    • ジェームス さん

      一週間お疲れ様でした。
      今年のあまねの動きを見ていて思ったのは「あほになれてる!」でした。
      愛情、奉仕、忍耐、仲間、礼節の頭文字をとった「あ・ほ・に・な・れ」には、
      もうひとつ大事なメッセージ「リーダー自らがあほになって率先してみんなを楽しませる」が含まれているんです。
      今年のあまねからは、いろんな場面でそれを感じました。
      振り返りでは、うまくできたことはたくさん褒めて、こうすれば良かったかな?って思ったことは、チャレンジしてみるといいね。
      来年、更なる「あほになれ」を期待してます。

  • ねこちゃん さん

    小4から参加している娘は毎回わんぱくキャンプから戻ると、精悍な顔付き!瞳が澄んでキラキラしてる!そして今までの数十倍も内面的成長をしている!そう、ものすごく変化しているのです。
    何故?キャンプで何をしているのかしら?
    実はその秘密を知りたいと思って今回キッチンスタッフとして参加しました。
    また、大人数の食事の支度をやってみたかったのも参加の理由です。

    そしてロッジでは、料理の合間に他のスタッフが語る子どもたちの心理分析に驚嘆!ちいさな恋のメロディみたいにキュンとする高学年のココロの動き………………子どもの頃の自分を思い出しました。

    キャンプを終え1週間経ちました。今、心に残っているのは人は人によって磨かれるのだなということです。(霊性を高めるっていうのかしら。)
    助け合ったり仲間と語り合ったりすることが本当に大事なことなんだと思いました。
    何もない森で仲間と協働作業して作り上げていくことが素晴らしい人間性を引き出してくれるのだと思います。
    こうして、キャンプの秘密を知ることが出来たり大人数の食事のお手伝いが出来たり2つの願いが見事に叶いました!
    今回は素晴らしい体験をさせていただきまして、本当にみなさまありがとうございました。

    • ジェームス さん

      一週間ありがとうございました。
      そんな参加目的があったんですね!(笑)
      キッチン、山登りと、大人スタッフとしてはすべての役割を体験いただき
      初めてでもあって、お疲れになったと思います。
      でも、今年のスタッフ体制において、ねこちゃんの存在は、とても大きかったです。
      子どものような好奇心で、一週間を楽しんでいたように思いました。
      来年は、かってがわかって、気持ち的にも体力的にも余裕ができてもっと楽しめると思います。
      ねこちゃんの登場曲は、キャッツアイにでもしましょうか!?来年もよろしくお願いします。

  • こぉこ さん

    サクとTWICEが踊れてよかったです。だから今までで1番最高のキャンプでした。
    そして「オッテントット♪」の時に後半は前に出てたけど、前半は前に出ていなかったから、来年からはゲストも連れて前に出たいと思います。

    • ジェームス さん

      こぉこ
      初スタッフお疲れ様でした。
      今回のキャンプは、楽しかった?イライラした?
      楽しかったのは、自分が楽しかったから?ゲストが楽しんでくれたから?
      イライラしたのは、怒られてエーって思ったから?思い通りに自分ができなかったから?
      たぶん、初めてのスタッフって楽しいことより、つらかったりイライラすることが多いかもしれないね。ジェームスにもそういう時代があったのよ。かなり前だけど(笑)
      でもね、自分が関わったことで、子どもたちが喜んでくれたり、子どもたちができるようになったりするのってすごく嬉しいんだよね。
      こぉこにも、その「嬉しい」をたくさん味わってもらいたい。それが、スタッフの醍醐味なんだよね。
      すぐにじゃなくていいから、徐々にね。
      これからも期待してるよ。また、次回!!

  • しげ さん

    お久しぶりです。

    ゲストリレーションチームのしげ…こと、重田智幸(しげたともゆき)です!

    普段は人材系の会社に勤めており、仕事がなかなか調整できず、社会人になってからは途中参加が多いですが・・・
    わんぱくキャンプは大学4年生のときから参加し、今年で7年連続7回目となりました。

    今年も3日目からの参加となりましたが、たくさん笑い、たくさん遊び、最高の夏休みを過ごすことができました!!

    改めまして、参加してくれたゲストのみんな、大切な宝物を1週間送り出してくれた保護者のみなさま、最高のキャンプを過ごせた仲間であるジェームス・ジャンボ・ゲストリレーション・マネジメント・キッチンのみなさん、本当にありがとうございました。
    (個人的には、途中参加のためカレーコンテストが直近3回参加できていないのが無念です。。。)

    毎年恒例となっておりますが・・・
    わんぱくキャンプに参加してくれたみんなへの感謝の気持ちを込めて、僕からの漢字1字のプレゼントを贈りたいと思います。
    難しい字や表現もありますが、僕の気持ちをしっかり伝えますので、みんなはお父さん・お母さんに読んでもらってね(^^)

    ******************************************
    ◆しょうちゃん◆
    3日目に僕が到着したとき、「あっ、しげさんだ!」って声かけてくれて嬉しかったよ(^^)
    朝起きてテントから出たら目の前にしょうちゃんがいて、その後すぐに朝5:30から「だるまさんが転んだ」をして、楽しかったね!
    やりたい!と思った企画は1番に手をあげたり、周囲にも積極的に関わっていたしょうちゃん。

    そんなしょうちゃんには、『言』という字を贈ります。
    この字は、自分の思っていることを声にするという意味です。
    自分の思っていることをしっかり表現できる事は、簡単なようで実は難しいことです。それをしょうちゃんは、どんな場面でもしっかり表現できていました。これは、すばらしい長所だと思います。
    自分の思いを表現したことを、「言」葉といいます。「言」葉には力があり、時には人を救うことや希望を与えることもできます。しかし、いくら自分の思いでも、表現の仕方を間違うと人を傷つけてしまうこともあります。これからも、自分の思ったことを素直に表現し、且つ周囲の人を幸せにできる「言」葉を使える人になってください。

    ◆かのん◆
    かのんには、今年もたくさん遊んでもらいました(^^)
    去年は夜遅くなると途中で眠ってしまったこともあったけど、今年は体力もUPして元気いっぱいな笑顔をたくさん見せてくれました。
    登山も自分の力で一歩一歩登っていて、良く頑張りました!

    そんなかのんには、『音』という字を贈ります。
    「音」はさまざまなものから聴くことができますが、僕は人にもそれぞれが発する「音」があると思っています。笑っていることが多い人はにぎやかな音、怒っていることが多い人は雷のような音、文句ばっかり言う人は騒音になってしまうこともあります。
    かのんの「音」、笑い声や友達とふざけて楽しんでいる明るい音色が僕は大好きです。どうかこれからも、周囲を幸せな気持ちにさせることができる「音」をどんどん発信していける人になってください。

    ◆りゅっち◆
    しりとりが大好きで、何回もやったね(^_^)
    ひろっちと、踊りをマネする謎のゲームに熱中していたね(笑)
    日本一長い?滑り台を一緒にすべったとき、満面の笑みでたくさんはしゃいで、楽しかったね!
    初めてチャレンジした、かまどに空気を送る姿はたくましかったよ!

    そんなりゅっちには、『歩』という字を贈ります。
    この字は、左右の足跡の象形文字で、自分の力で進むという意味があります。
    去年初めてわんぱくに参加して、たくさん心が「動」いたと思います。学年が1つあがり、今度は感じるだけではなくそれを行動にうつしていたりゅっち。
    例えば、かまどの火に息を送るという作業も、去年は怖がっていたけど今年は勇気を振り絞って、一「歩」前に進んでチャレンジしていたよね。
    これからも、りゅっちのペースで、一歩一歩できることを増やしていってください。

    ◆えれ◆
    えれとは、登山の思い出がいっぱい!!
    登りも下りも、「しげー!がんばれー!」と声をかけてくれて、すごいパワーになったよ(^^)
    えれは弱音もはかずに元気いっぱいで、面白いことが大好きで、いつも登山チームにえれの笑い声が響いたよね!

    そんなえれには、『面』という字を贈ります。
    この字は人の顔の形からできた字です。えれは、笑顔・一生懸命山をのぼる顔・お手伝いや片付けを真剣に行う顔など、たくさんの素敵な一面を見せてくれました。
    また、面が白いと書いて、面白い(おもしろい)と言います。もともとは、顔が白くて美しい人の事を指した言葉だったのが、いつしか愉快な事を指す言葉になりました。
    面白い事を見つけていつも笑顔なえれにピッタリだと思い、この字を贈ります。これからも、素敵な一面をたくさん見せてください。

    ◆しどう◆
    しどうとの1番の思い出は、荷物整理の時のスーツケースかな笑。パスワードがまさかお母さんの好物だったとは!笑
    登山のスピードが速くて、前をいくしげの背中を何度も見つけ、あっ、しげだ!と言われちゃった。
    テントサイトの川でやった、葉っぱレースも楽しかったね!

    そんなしどうには、『慕』という字を贈ります。
    くうまと仲良しで、自由時間になると、くうまー!と言って遊んでいました。
    一方で、食事づくりの時は自分の身体と同じぐらいの量の薪を何回も運んでいて、それを見てほかの友達が真似をしている場面もありました。
    年上のお兄ちゃんを慕って仲良くなることも大事。
    さらに、周りの友達から真似されるような、慕われることも大事です。慕われる人の周りには、いつも多くの人がいます。どうか、持前の元気で周囲の手本となり、多くの人が集まってくる人になってください。

    ◆ももちゃん◆
    2年連続登山のチームが一緒だったね(^^)
    今年は1回も止まらず登山クリアしただけでなく、ミールキーパーとしてみんなの飴を運んでくれてありがとう!僕も、その飴に何回も救われました。笑
    2人で新しく開発した、グーフィー・ドナルドゲームも楽しかったね!!また今度やろうね!

    そんなももちゃんには、『奮』という字を贈ります。
    この字は、鳥かごの中から小鳥が勇気を出してはばたこうとしている姿を表しています。
    今年は、登山の途中に歯が抜けても・山頂付近で雨が降っても・テントの中にコオロギが2匹いても、勇気を出して1つひとつ乗り越えて、キャンプを笑顔で過ごすことができたももちゃん。
    これから先も、壁や負けそうになることもあると思いますが、その度に自分を「奮」い立たせて、乗り越えていける人になってください。

    ◆まーさん◆
    まーさんは、りゅっちの靴紐を結んであげたり、ももちゃんや年下の子たちの様子を気にしたり、みんなのお姉ちゃんのような存在でした。
    でも、遊んでいる時やふざけている時は、無邪気な笑顔を見せてくれて、いろんなまーさんを見ることができました。
    あと、長湯は嫌いなまーさんは、いつも1番に出てきていて、みんなを待つ間たくさん話したね(^^)

    そんなまーさんには、『包』という字を贈ります。
    この字は、お腹の中に赤ちゃんのいるお母さんを表した字です。赤ちゃんは、たくさんの愛情や優しさに包まれて育っていきます。
    この字の通り、まーさんは、周囲を気にかけることで、明るく優しく包みこみ、幸せな気持ちにしていると思います。
    また、自分の意見を包み隠さず相手に伝えることができるのも、まーさんの長所だと思います。
    これからも、その包み込むような優しさを大切に、困っている人がいれば自分の手で包み込む=抱きしめてあげることのできるような人になってください。

    ◆くうま◆
    今年も登山の体力すごかったなー!
    チームの先頭を行くだけじゃなく、ジャンボの水を持ったり仲間を気にすることのできる、優しいくうま。
    みんなと居る時は元気に遊ぶけど、2人きりの時は優しい言葉をかけてくれるから、時々泣きそうになる。笑
    しどうの本当のお兄ちゃんのように、いつも面倒を見てあげてて、成長した場面をたくさん見ることができました。

    そんなくうまには、『率』という字を贈ります。
    この字は、先に立って導くという意味があります。登山のチームを先頭で引っ張ったように、これから学年があがり、サッカーでキャプテンをしたり、今回のしどうのように下級生を導いてあげる場面も増えてくると思います。
    その時、先頭が間違った方向へ行くと、後ろから続く人も間違った方向へ行ってしまいます。
    どうか、これからもくうまの明るさ・優しさで、たくさんの人を率いて正しい方向へ導くことのできる人になってください。

    ◆なつき◆
    初めての参加なのに、なつきとは、もう随分前から仲良しだったやうな気がしてます。笑
    僕が到着した初日から、いろいろと話してくれてありがとう!
    登山は同じチームで、山道でもたくさんおしゃべりしたね!なつきがたくさん話してくれたおかげで、つらい山道も乗り越えてられたよ(^^)ありがとう!

    そんななつきには、『挑』という字を贈ります。
    虫がたくさんいるトイレ、険しい山道、1週間のわんぱくキャンプで、大変だったことはたくさんあると思うけど、そのどれも投げ出すことなく、果敢に挑んでいたなつき。
    この字は、兆しを手でつかむとかきます。
    何気ない日常の中にも、なつきが成長できる兆しはたくさんあります。そこから目を背けると、「逃」げるになります。今回のわんぱくでたくさんのことに挑戦したように、1つひとつの成長の兆しを自分の手で掴み、ひと回りもふた回りも大きな人になってください。

    ◆ひろっち◆
    ニコッとした笑顔が素敵なひろっち。
    りゅっちと仲良しで、2人で遊んでる姿を微笑ましく見てました(^^)
    ひろっちが不意に、「しげと居ると、なんか安心するんだよね!」と言ってくれたこと、本当に嬉しかったよ!
    登山の時も、途中で会ったらしげがんばれー!と声かけてくれた優しいひろっち。

    そんなひろっちには、『感』という字を贈ります。
    この字は、心が動くという意味があります。
    山を登りきったとき、友達と遊んでいるとき、キャンプ場で美味しいご飯を食べたとき等、心が動く場面はたくさんあったと思います。
    感謝・感動など、この字がつくものは、それぞれの感受性によっていくらでも体感することができます。これからも、自分の感覚を大切に、たくさん心を動かす経験をしてください。そして、自分だけではなく、相手の気持ちも感じ取ってみんなの心も動かせる、そんな人になってください。

    ◆りお◆
    りおとは登山が同じチームで、常にチームの先頭を歩いていて、弱音も吐かずにすごいなーと感心していました。ご飯後の片付けも率先してやっていて、僕も見習わないと!と思う場面がたくさんありました。
    ただ、1番印象的なのは、日記・振り返りが早く終わったりおと、将来の夢についてガールズトーク?をしたことかな(^^)りおの考え、気持ちをたくさん聞けて良かったです!

    そんなりおには、『向』という字を贈ります。
    この字には、こころざすという意味があります。
    将来の夢の話はまだ決まっていなかったとしても、自分と向き合っていて、何が自分に向いているのか、たくさん悩んで決めていってください。
    ただ、この字の難しいのは、向く方向によって良い意味にも悪い意味にもなるところです。どれだけ頑張っても、気持ちが後ろ向きでは良い結果にならないかもしれません。
    笑う門には福来るって言うけど、やっぱり良い出来事は前を向いている人に訪れると僕は思っています。どうか、穏やかな笑顔で周囲を癒すことのできる、その長所を活かして、りおらしく前を向いて自分の夢に向かって進める人になってください。

    ◆あんじゅ◆
    あんじゅは、ファミリーキャンプを含めると、もう長い付き合いになるね!
    最初は大人しい印象だったけど、2人のときは結構話してくれるようになってきて嬉しいよ(^^)時々、お腹触られるけど…笑いや、パンチかな?笑
    あんじゅの冷静なトーンで、なんで太ったの?と聞かれると焦ります笑
    みんなの妹って感じだったあんじゅが、高学年へと成長し、今度はみんなのお姉さんになっていく姿を、これからも楽しみにしています。

    そんなあんじゅには、『開』という字を贈ります。
    これは、実はあまねが初参加の時(7年前?)にも贈った字です。
    この時には、自分の手で扉を開き、一歩踏み出すという意味があります。
    友達に心を開き、自分を解放し、自分の手で新たな人生の1ページ・1つの扉を開いて、恐れず一歩、また一歩進んでいける人になってください。

    ◆空手マン◆
    背が伸びてスラッとしていていて、よりみんなのお兄さんのようになっていた空手マン。
    今年は、登山同じチームだったね。
    山道は険しく、途中何回か転んでいたけど、必ず「大丈夫!」といって元気に歩き出していた姿が印象的でした。
    高学年になり、縁の下の力持ちとしてみんなをサポートしてくれてありがとう!

    そんな空手マンには、『想』という字を贈ります。
    この字は、気持ちを表しています。
    登山の時、転んでも立ち上がったのは、絶対登頂する!って想いがあったからだと思います。少しぐらい足が痛くても、登りきるまで弱音を吐かなかったのは、友達・仲間も頑張ってるし自分も頑張ろうって想いがあったからだと思います。
    ダメになりそうなとき頑張れたのは、こういう1つひとつの気持ち=想いがあったからだと思います。
    また、この字は、相手の心と書きます。
    自分の気持ちだけではなく、相手の想いも考え、相手を想って行動のできる、そんな人になってください。

    ◆かん◆
    運動神経抜群でやんちゃなかん。虫や爬虫類が好きで、よくカエルを探してるのが印象的だけど、一方で、女の子に上着を貸してあげたり、体重が増え続ける僕を心配してくれたりと優しいんだよね。そんなかんが、僕は大好きです。
    もう6年生になるんだね。来年は、ジュニアスタッフデビューかな?笑

    そんなかんには、『徹』という字を贈ります。
    この字には、貫き通すという意味があります。
    最終日のテントの片づけのとき、黙々とペグを洗っていた姿がとても印象的でした。一度始めたものを最後までやり遂げる集中力は、目を見張るものがあります。
    一方で、この字には除く・取り去るという意味もあります。この先、自分がやりたくないことでもみんなのためにやる必要があることもでてきます。そんな時、やりたくないなーとか、ダメな自分は取り除いてください。自分で決めたことは貫き通して、そしてみんなのために頑張ることのできる、そんな人になってください。

    ◆さく◆
    今年も、透き通る声で「しげー!」とたくさん呼んでくれてありがとう(^^)
    僕が到着した初日、1番にしげー!って言って来てくれたのはさくで、嬉しかったよ!
    ニコニコした笑顔とギューとなった変顔を交互に見せてくれて沢山笑ったし、秘密のガールズトーク?もしたね笑

    そんなさくには、『好』という字を贈ります。
    仲良かったこぉこの名前の漢字でもあるね。
    この字は、女性がひざまづく姿を描いた「女」と、幼子の姿を描いた「子」という文字を組み合わせたものです。成り立ちとしては、母親が子どもを抱きしめる様子からできています。
    学年も上がり、いろいろなことが気になり、好奇心があって質問してきたさく。自分の好きな事はとことん極めて、今持ってる好奇心は大切にこれからも過ごして欲しいと思います。
    ただ、自分が好きなものだけでなく、この漢字の成り立ちのように、歳下の子たちも抱きしめてあげられるような、そんな優しい人になってください。
    ******************************************

    みんな、本当にありがとうございました!!!
    また来年、元気な顔を見せてくれることを心よりお待ちしております!!

    わんぱく、サイコー!!!!!

  • えいみい さん

    感想、書きたい書きたい、と思いつつ遅くなってしまいました。
    去年に引き続き、カノンがお世話になりました。
    姉の不参加が決まっても、まったく動じず、「参加するのが当たり前でしょ」と着々と準備を進めていました。
    去年のキャンプを踏まえ、さらに必要なもの・そうでないものを自分で決めて、買い物リストを作ってくれました。
    会う人会う人に、カレーコンテストや山登りの話をしていました。

    帰ってからは、オッテントットのぶりっ子バージョンを繰り返しています。WHY?
    スタッフ、ジュニアスタッフ、お友達、みんなの話をしてくれました。
    幅広い年齢の仲間ができたのが何よりの宝です。

    去年もそうでしたが、かのんの話を聞いていると、私が参加したいです!!
    再来年は親子で行こうか、なんて話もしています。
    忘れ物。。無事に届きました。ありがとうございました!

コメントを残す