2019.8.11

2019わんぱくキャンプ1日目

  • 0
  • コメントする
  • イベント報告

8月11日(日) 1日目 第12回ふるさと留学・わんぱくキャンプスタート

IMG_4289 IMG_4357 IMG_4380 IMG_4383 IMG_4394 IMG_4399 IMG_4400 IMG_4403 IMG_4415 IMG_4424 IMG_4425 IMG_4428

令和最初のわんぱくキャンプは、なんと参加者が例年の3分の1という、いつもにも増してアットホームなキャンプとなりました。どうやら今年は保護者の方がわんぱくキャンプと同じ日程で夏休み、という方が多いようです。…ということで、夏休みの渋滞を避け、新幹線での移動となりました。

車中、男性陣は、“東京防災”が愛読書の防災くんと防災しりとりで盛り上がり、女性陣はかしましくお喋りしながらあっという間に到着。新幹線から標高の高いことで有名な小海線に乗り換え、村のバスに乗って長者の森キャンプ場へ。

高原ならではの爽やかな空気の中、みんな一緒にお昼ご飯。キャンプサイトの水がつ、つめたい~。気持ちいい~!
午後は、あらためて自己紹介とキャンプで楽しみなことを発表し、1週間の大事な住まいになるテント設営をしました。
初めてのチームミーティングは①キャンプ中にやりたいこと②キャンプ中のルール案③KYT(危険予知トレーニング)の3つがテーマです。

<やりたいこと案>
餃子を作りたい、山に3-4回登りたい、墨を使って習字、毎日カレーコンテスト、ローラーコースター、お菓子を作りたい、花火をやりたい、伝言ゲームをしたい、山にあるものでスポーツ、滝行したい、みんなで運動会、みんなで文化祭、たこ焼きパーティ、水泳大会、パフェをつくりたい、宝探し、お絵描き伝言ゲーム、餃子コンテスト、肉フェス、肝試し、スイカ割り、テントサイト飾りつけ、パプリカ踊る、食事のバイキング、トイレ掃除、劇

今回は少人数なので、プログラムの変更やカスタマイズは例年より自由がききます。
みんなのやりたいことをやりながら、仲間と一緒に様々なチャレンジと失敗と成功体験を重ねてもらえるようスタッフみんなで知恵をしぼりたいと思います。(変化対応力の強いスタッフぞろいなので、みんな燃えております!)

<ルール案>
川は飛び越えず橋を渡る、虫よけは、テントの中や人の前ではやらない、時間厳守、夜は静かに寝る、自然を大切にする、ご飯を残さない、頼まれたことはやる、ありがとう&ごめんなさいを言う、夜は走らない

この案をもとに
①元気に挨拶&元気に返事(はい、おはよう、おやすみ、ありがとう、ごめんなさい)
②時間を守る
③整理整頓(荷物整理、トイレのドア、テントの出入り口、使ったら元に戻す)
をルールにしました。
3つめはスタッフからの提案です。

夕食前に、キャンプ場でお気に入りの枝を探し、1週間使うスプーンとフォークの柄を作りました。個性的でバラエティ豊かな作品が出来ました。

今日の夕食は、早速、子どもたちがやりたい「肉フェス第一弾⁈」。豚肉、牛肉、ソーセージをお腹一杯食べました。

初日の夜は、みんなが心穏やかに眠りにつけるよう、スェーデントーチを囲み、お話をしたり、キャンプしりとりをしました。火を見つめると大人も子どももやっぱり癒されるようです。
全員で手をつないでぎゅーー!おやすみなさい。

心配された雨にもふられず、キャンプサイトを流れる小川のせせらぎの音が心地よい長者の森キャンプ場の夜です。(少し寒いぐらいです)

コメント